子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

検温の仕方

検温の仕方

ilm09_ca01004-s.jpg

飲食や入浴、運動などをした後や、外出後の30分間は検温に適さないので避けましょう。


測る前には、必ずワキの汗はしっかり拭きとりましよう。

特に乳幼児はは汗っかきなので、注意しましょう。


検温中は動かず、じっとしているのが基本ですが、小さなお子さんは暴れますよね。


そこで私は、いつもおもちゃで気を引いて測っています。

もし、途中で体温計を取り出したら、最初からやり直しましょう。

乳幼児の場合、泣いてしまうと体温が上がってしまいます。


1.ワキのくぼみの中央に体温計の先端をあてます。

 体温計の先を下から上にむけて、押し上げるようにはさみましょう。


2.体温計が上半身に対し30度くらいになるようにしてワキをしっかり閉じます。

 ワキえおしっかり閉じ、ヒジをわき腹に密着させます。

 手のひらを上向きにすると、ワキがしまりますよ。


 体温計をはさんだ方のヒジをもう一方の手で軽く押さえます。


乳幼児の場合は、動いたりしてしまうと、体温が変わってしまうので、数回測って見ましょう。


病院の多くで使われている電子体温計は、消毒液に浸けても問題ないように、
隙間のない形や超音波によるの技術を使って、しっかりと防水処理をしています。


押す電源スイッチがあると、そこから水が入るの可能性があるので、
収納ケースから取り出すと、電源が入り収納ケースに戻すと電源が切れる仕組みにして、

押す電源スイッチをなくしているんですよ。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0