子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

発熱時の注意点

発熱時の注意点

赤ちゃんが発熱したときは、熱があるというだけで不安になって、
着せこんだり布団を多めにかけたりしまいがちですよね。


しかし熱のために体がほてっているときは、くるみこむと逆に熱がこもってしまいます。

熱があるときは、涼しくしてあげましょう。


衣類や布団はいつもと同じか、汗をかいているようなら薄手のものにしたり、
1枚少なめにしてあげましょう。

汗をかいたらすぐに着替えさせてあげるのも大事です。


汗をかいた体は、お湯でしぼったタオルでふいてさっぱりさせてあげましょう。


赤ちゃんは大人と違って、体温調節が未熟なために、すぐにに40℃の熱を出してしまいます。


大人なら40℃の熱は重症であることが多いですよね。


しかし、生後3ヶ月以上の赤ちゃんの場合は、熱の高さと病気の重症度には関係の無い事が多く、
病気の重症度はミルクの飲み具合で判断しましょう。


ミルクを飲んでも、すぐに嘔吐してしまう場合は、
脱水を起こる危険があるので、出来るだけ早く受診しましょう。


発熱によって水分が不足して、脱水状態になってしまったら、
体温はドンドン上がってしまいます。

熱が高いときは、こまめに水分補給をしましょう。


乳幼児は、自分で症状を訴えることが出来ないので、
看病している人が、体調の変化に気が付いてあげましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0