子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

発熱時してはいけない事(大人編)

発熱時してはいけない事(大人編)

入浴は微熱の場合、疲れない程度の短めな入浴は問題ありません。

しかし、悪寒や倦怠感がある場合は入浴を控えましょう。


熱を下げるためには熱めのお風呂に入って汗をかくと良いと、
思っている人がいますが、体力を消耗させるだけで実は逆効果なんですよ。


それから、お酒は体力を消耗させてしまいます。


ほとんどのかぜ薬に入っている抗ヒスタミン剤とアルコールが一緒になると、
それぞれの作用が強く出て、副作用が出たり、薬の効果を弱めてしまう事があります。


少なくとも、薬を服用している間はお酒を我慢しましょう。


熱が出ている時や発熱後は胃の機能が低下しています。

そんなときにスタミナをつけようと、無理に食事をしてしまうと、
消化不良を起こしてしまいます。


特に脂肪分の多いものは消化しにくいので避けましょう。


熱が出ているときは、身体を休ませることが大切です。

無理に身体を動かすと、体力をさらに失ってしまい、症状の悪化してしまう事があります。


37℃台の微熱が長く続く場合は、肺炎・肺結核、白血病、
ガンなど重大な病気が隠れている可能性もあるので、
自己判断はせずに、医師の診察を受けましょう。


発熱時は安静が一番です!!!

熱が下がるまで、出来るだけ安静にしていましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0