子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

熱性痙攣には注意

熱性痙攣には注意

急に熱が上がる際、3歳未満のお子さんは、
熱性痙攣を起こす場合があります。


ほとんどの場合38度以上の熱で急劇にに熱が上がった際、
脳の異常がおこす筋肉のふるえる事で痙攣が起こります。

大体2~3分で痙攣は治まります。


4歳くらいになると、痙攣を起こしにくくなります。

子ども10人のうち1人くらいは熱性けいれんを起こします。


痙攣を起こしたときは、次のことを観察しましょう。

・どんなけいれんか

 例 全身でや小さな痙攣など・・


・けいれんの持続時間

 10分以内の痙攣は、後遺症の心配はありません。


・その後、寝たかどうか

・熱がいつからどれ位あったか?

医師は上記のことを、参考にします。


痙攣のときは焦点が合わず、唇の色がだんだん紫になり、
その光景を目の前にすると、冷静になるのが難しいです。


私も娘が痙攣を起こしたとき、正直死んでしまうのではと、
不安と心配で一杯でした。


その後、娘2回ほど熱が出ると、痙攣を起こしましたが、
現在は痙攣も起こすこともなく、元気に過ごしています。


痙攣のときは、身体ををゆすったりするのは絶対にやめましょう。

静かに寝かせ、手足の様子がよく見ることができるように、
布団はかけないでおきましょう。


あわててゆすると、けいれん後の睡眠がとれず、
もう一度発作が起きる場合があります。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0