子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

髄膜炎について

髄膜炎を起こすと、頭痛やめまいや吐き気が起こります。

場合によっては、身体の麻痺を起こす場合があります。


症状が進むと、脳にも炎症が発生して、
脳炎に発展してしまう場合があり、小さなお子さんが発症すると、
命に関わる場合があるので特に注意が必要です。


お子さんでかかる場合が多いのは『無菌性髄膜炎』です。

無菌性髄膜炎はウイルス性髄膜炎も含まれるもので、
子供が発症することの多い髄膜炎です。


季節的には、春から夏にかけてよく見られます。


乳児の場合には発熱、母乳やミルクの飲みが悪い、機嫌が悪いなどの、
風邪のような症状しか出ずに、髄膜刺激症状が見られない場合もあります。


ウイルスの種類によっては発疹が出て、その後で髄膜炎の特徴的な症状である、
頭痛や嘔吐などが出てきたりする場合もあります。


無菌性髄膜炎には、治療法として有効な薬が無く、
まずは入院し、安静にして過ごします。


そして症状にあわせて、発熱には解熱薬、頭痛には鎮痛薬、
嘔吐には吐き気止めの座薬を処方するなどの対症療法が行われます。


嘔吐などにより水分などの、摂取が不可能な場合には、
点滴で栄養や水分を補給されます。


一般的に細菌性よりは症状が軽症で済み、早期発見・治療を行うと、
後遺症も残すこともありません。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0