子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

インフルエンザワクチンについて

インフルエンザの一番の予防法はワクチン接種です。

流行前にワクチン接種を受けることで、発病を防いだり、
インフルエンザになっても、症状を軽く済ませることができます。


インフルエンザは12月下旬から3月上旬が流行するので、
遅くとも12月中には接種を済ませておきましょう。


ワクチン接種はすぐには効果がなく、
その予防効果が現れるまでには2週間位かかります。


個人差がありますが、ワクチンの効果は約5ヶ月ほど持続するとされます。

11月はじめに接種すると、4月くらいまでは効果があります。


13歳未満では、およそ1~4週間のあいだを置いて2回、
13歳以上では1回~2回、65歳以上では1回接種が推奨されています。


インフルエンザのワクチンは普通の風邪に効果はありません。


しかし、ワクチンは健康な大人のインフルエンザに対する発症予防効果は、
70~90%と高い効果があり、ワクチン接種は高齢者の死亡の危険を、
約80%減らす事が可能で、 重症化を防止する効果もあります。


インフルエンザにかかってしまった時に、
重症にならない様に、また家族への感染を防ぐためにも、
年齢を問わず予防接種をしましょう。


持病がある方は、一度医師に相談をしてから予防接種を受けましょう。



TOPPAGE  TOP 
RSS2.0