子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

おたふく風邪の症状

おたふく風邪の症状

おたふくかぜは、ムンプスウイルスというウイルスに、
感染することで発症します。


ムンプスウイルスに感染してから、
症状があらわれるまでの期間は約2~3週間です。


感染力が比較的弱いために、約2~3割の人は、感染しても症状がでません。


感染する年齢では、1~2歳の乳幼児には少なく、
3~10歳のお子さんにに一番多くみられます。


ムンプスウイルスは、くしゃみや咳などでウイルスが飛び散る空気感染や、
接触感染で移るために、保育園、幼稚園、小学校など、
子どもがたくさんいる場所で流行する傾向があります。


おたふくかぜの特徴は、耳の下や、頬の後ろ側、あごの下の腫れです。

一般的には片側から始まって、1~2日間で両側が腫れてきますが、
片側しか腫れない場合もあります。


最初の1~3日間は、腫れている部分が痛みます。

腫れと痛みがひどい場合は、食べ物をかめない、飲み込めない場合があります。


そのような時は、無理に飲食はさせず、喉ごしの良いものを、
無視の無い様に与えましょう。


腫れは1週間~10日間で治ります。

発熱による頭痛、腹痛などがある場合があります。


ムンプスウイルスに感染すると、体内に抗体ができるために、
その後はおたふくかぜを発症することはありません。

おたふくかぜは、一度かかればその後はかかる事はありません。


おたふくかぜと同じように、感染することで耳の下などが腫れるウイルスもあり、
症状だけではおたふくかぜとの判別が難しい病気もあります。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0