子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

おたふく風邪の治療方法

おたふく風邪の治療方法

ムンプスウイルスの感染期間は、
耳の下部の腫れがあらわれる前後5日間と言われています。


耳の下部の腫れる前、、ムンプスウイルスに感染しているかどうかがわからず、
その間に他人に移してしまう場合があります。


集団の場では、一人が感染していると、
症状がでる前に大勢に感染していることも多いです。


おたふくかぜのワクチンによる予防効果は約90%と言われています。

感染することがあっても、比較的軽症となる場合が多いです。


一般的には、消炎鎮痛剤、解熱薬など、症状や体質などから医師が判断して、
もっとも必要な薬を最小限の種類と量で処方します。

症状がひどい場合には、抗生物質などの注射をする場合があります。


おたふくかぜは人に移る病気なので、耳の下部の腫れがひいてから、
3日間は外出をさけるようにしましょう。


耳下腺部が腫れている間は、よくかまなければいけない食品や
酢っぱい食品はさけるようにしましょう。


おたふくかぜから髄膜炎、脳炎、精巣炎、卵巣炎、心筋炎などを、
合併する場合があります。

下記の様な症状がある場合は、すぐに受診しましょう。


・ ひどい頭痛、発熱、嘔吐、下痢、けいれんなどの症状がある

・ 1週間以上経過するのに、耳の下部の腫れがひかない

・ 熱が5日間以上続く



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0