子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

突発性発疹

突発性発疹

赤ちゃんが急に38~39度、稀に40度近い高熱を出します。

高熱のわりには元気で、熱は3~4日続いたあと、平熱か37度台まで下がります。


同時か翌日に、おなかや背中を中心に大小不規則な赤い発疹が出て、
半日くらいで全身に広がります。


2~3日は発疹も目立ちますが、だんだん薄くなって消えていきます。


ほとんどがお子さんが1才までにかかります。

90%は1才未満でかかって、特に生後6カ月から1才くらいまでに、
かかってしまう赤ちゃんが多いようです。


遅くても2才ぐらいまでにかかって、
一度かかると、再びかかることはほとんどありません。


初めての発熱が突発性発疹という場合も多いんですよ。

二人の娘も、初めての高熱が突発性発疹でした。


熱の出始めに熱性けいれんを起こすお子さんいます。

熱の出始めには注意が必要です。


突発性発疹というはっきりした診断ができるのは、
熱が下がって発疹が出てからです。


発性発疹と診断が確定したあとは、安静と水分補給に気をつけておけば、
特に心配のいらない病気です。

合併症などもほとんどありません。


2~3才までにかからなければ、その後にかかることはありません。

熱の時期は水分をまめに補給して、
全身状態に変化がないかもよく観察しましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0