子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

肺炎

肺炎

★症状★

初期の頃は風邪と見分けるのは難しいです。

下記の症状があって、徐々に強く出てくるようであれば、
肺炎の疑いがあるので病院で検査を受けましょう


・高熱38度以上の高熱が続く。

・咳が激しかったり、タンが膿状になって止まらない。

・タンが透明ではなく、黄色や緑色になってきた。


・すぐ息が切れして息苦しくて睡眠を妨げられる。

・呼吸や脈拍が増加して、 咳き込むと胸に痛みを感じる。

・変な汗をかくようになった


★治療方法★

治療方法は原因によって違います。

症状が軽い場合は自宅で安静にして、薬と保温で、1週間前後で治ります。

使う薬は、抗菌薬、咳止め、解熱剤、タン切り剤などが使われます。


肺炎の症状が重い場合は入院治療が必要になります。

入院場合は2~3週間の入院が必要です。

抗生物質を点滴しながら、酵素吸入も行われます。


★予防策★


簡単な予防策に歯磨きがあるんですよ。

肺炎の原因となる細菌は、常に口の中にいる場合もあります。

歯と歯茎を磨くことで、肺炎を予防することができるんですよ。


風邪やインフルエンザから肺炎に移行する場合もあるので、
風邪にかからないよう健康管理をしっかりしましょう。

特に抵抗力の弱い、お年寄りは要注意です。


肺炎球菌ワクチンを接種して、肺炎を予防することも可能すが、
全ての肺炎に対応しているわけではないので、
ワクチンを摂取したからといって必ず肺炎にかからない訳ではありません。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0