子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

症状別受診のタイミング

症状別受診のタイミング

赤ちゃんは、新陳代謝が大人より活発なので、
大人に比べて平熱も高めですよ。


体温が上がりやすいので、比較的熱に対してて強いです。


★自宅で様子をみても大丈夫な発熱 ★


熱っぽく感じられるものの、特に機嫌が悪い様子もなく食欲があり、
ぐっすり眠れている場合は大丈夫です。

焦らず、様子を見ましょう。


ぐっすり寝ているのに、起こしては可愛そうです。

ゆっくり寝かせてあげましょう。


★診療時間内に受診をしましょう★

熱はあるけど機嫌が良く、水分補給もできていて、、
冷えピタなどで冷やすと寝てくれる場合。


★診療時間外でも受診をしましょう★

熱も下がる様子がなく、機嫌も悪く高熱でぐったりしていたり、
食欲もない場合。


★救急車を呼びましょう★

39度以上の高熱が続いている場合か意識がなかったり、
ひきつけや痙攣を起こしている場合。

水分が取れなく、オシッコも出ない場合。激しい嘔吐や下痢をともなう場合。


さらに生後2ヶ月以内の赤ちゃんに、高熱が続いている場合。


熱にもいろいろ症状がありますが、基本は機嫌がよければ大丈夫です。

いつもと比べて、ぐったりしていたり様子がおかしい時などは、
体調が急変する場合もあるので、できるだけ早い受診をする様にしましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0