子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

看病の仕方

看病の仕方

赤ちゃんやお子さんの体温が、いつもより熱く感じたら、
まず体温を測りましょう。

体温は測る場所で違って来るので、いつも同じ場所で測るようにしましょう。


★熱の他に顔色、元気、機嫌、哺乳力、食欲、せきや鼻水、

 吐き気やおう吐、下痢、けいれん、発疹などがないかを見ましょう。


★発熱の他に、ぐったりしている、苦しそう、顔色が悪い、

 機嫌が悪い、おっぱいやミルクを飲まない、吐き気やおう吐がある、

 下痢をしている、せきなどがある場合はすぐに小児科を受診しましょう。


★お子さんが嫌がらなければ、アイスノンや保冷シートで冷やしであげましょう。

冷やす場所は頭の他に、脇の下や股のつけねを冷やしてあげましょう。


★熱が上がるときは寒気がするので掛ける物を増やしたり、

 湯たんぽなどでからだを温めてあげましょう。


 熱が上がりきってしまうと寒気はなくなるので、
 衣類などを減らして冷やしてあげましょう。


★汗が出るのでこまめに汗をふいて、衣類を取り替えさせてあげましょう。

市販の解熱剤のなかには、ある病気のときに使うと悪化するものもあるので、
必ず医師に相談してから使いましょう。


またインフルエンザなど感染の恐れがある場合は、
マスクをして看病をしましょう。



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0