子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

新型インフルエンザ症状

新型インフルエンザ症状

新型インフルエンザウイルスが体内に侵入し感染してからの潜伏期は、
1~3日位で、とても短く急激に発病します!!!


熱、頭痛、腰痛、全身のだるい感じなどの全身症状で始まり、
次に喉の痛み、咳などの呼吸器症状が現れます。


熱は急速に上昇し、1~3日後には38~39℃まであがります。

同時に頭痛、腰痛、筋肉痛、関節痛などの痛み、
全身のだるい感じが強くなってきます。


呼吸器からの症状は、鼻水、鼻づまり、のどの痛み咳や痰などがあります。

また、嘔吐や、腹痛、下痢などの消化器症状も起こる場合があります。

消化器症状は、子供より大人よりも起こりやすいです。


熱は3、4日後には下がるか、完全に解熱しないまでも徐々に下がり始め、
5~7日以内には熱が下がります。


熱の経過に応じて頭痛などの全身症状や呼吸器症状も軽くなっていき、
普通は1週間で治癒が必要ですが、

咳だけが残ったり、全身のだるい感じがなかなかとれない場合もあります。


メキシコや、アメリカ、カナダなど感染者や、死亡者がでた国から、
帰国後は、10日間は出来るだけ外出を控えましょう。


また、出来るだけ新型インフルエンザが落ち着くまでは、
上記の国に限らず、海外旅行を控えた方が良さそうですね!!!



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0