子供の発熱に対して、不安に感じている人のために、色々発熱時の知識があるので作成しました。

治療方法・・タミフル編

治療方法・・タミフル編

ilm09_ah01010-s.jpg

タミフルは、ウイルスの増殖を抑える薬で、
ウイルスを殺す薬ではありません。


そのために、48時間以内に服用しないと効果がありません。

A型B型インフルエンザには効果があるとされていますが、
タミフルが新型インフルエンザに、
どれだけ効果があるかは、確認されていません。


タミフルの副作用として主なものは腹痛、下痢、吐き気など、
起こす場合があります。


タミフルには、カプセル剤とドライシロップ剤の2種類があります。

1日2回5日間服用しますが、飲み方などは必ず医師の指導に従いましょう。


絶対に自己判断で、服用をやめてはいけません!!!

タミフルの効果がなくなってしまいます。


最近になってこの薬の服用後の精神神経症状や、
未成年の転落死を含めた異常行動がごく稀発生しているため、
これらの症例と、タミフルとの因果関係が疑問視されています。


タミフルの使用の際は、服用後少なくとも2日間は十分な注意と観察が必要です。

また、乳幼児の場合は、インフルエンザ脳症でも、
同様の症状が現れることもあるので、医師に充分な説明を受けましょう。


また、腎臓の悪い人は急性腎不全を起こしてしまったり、
過敏な人は血小板減少などが起こる場合があるので、

特に注意が必要です!!!



Page: 1

TOPPAGE  TOP 
RSS2.0